車を持っているので家族に「病院まで乗せってってくれ」と頼まれ、外出の用もあったので気軽に引き受けて札幌病院に向かう途中に、病院着を着た人が一人で歩いているのを見かけました。

見かけた時は「ああ散歩しているのかな」などとのんきに受け取ってしまったのですが、病院に着くまでの間に「あの格好で外出っておかしいんじゃないか」と不安に思うようになっていました。それでも家族の病院がありましたのでとりあえず送り届けると、何やら普段はいない出入り口のあたりで看護師や職員の方達が焦った感じで話し込んでいるのを見つけ、不安な気持ちもあったので、もしかしてと思い「こんな人を見かけましたと」話しかけました。

やはり、いなくなっていた患者を探して病院内を探してたとの話で、見つからないので外に出たんじゃないかと話し合っていたところでした。先ほど見かけたのが、川の近くだったのもあり思わず「自分が見に行く」と言ってしまったのですが案外すんなりと受け入れられ、一人の看護師と二人で探しに行く事になりました。

とりあえずは川の周りを見に行こうと思い、看護師に説明しながら見かけた場所を通って、橋の所まで探しましたがその辺りでは見つかりませんでした。元来た道を戻って見かけた地点でそのまま真っ直ぐ道なりに行ってみようと言うことになり、看護師に見てもらいながら走っていると、そこから三つ先の交差点を過ぎた所で座っている病院着の人を発見しました。よく見てみるとその人は八十歳位の方で特に怪我もなく無事なようでした。「家まで歩いて帰ろうと思って」その方は言ってましたが、看護師に「迎えに来たよ」と言われ特に抵抗する事無く車に乗ってくれました。

帰りの車の中で看護師からお礼の言葉と、病院着の人から自宅の住所を言われ「そこまでよろしく」と言われましたが、何事もなく病院まで乗せて行きました。
その場はそれで終り帰ったのですが、病院にかかってた家族の所に今回のお礼ということの病院内のレストランの食事券を渡されたそうですが、「いつもお世話になっているので、それは受け取れない。もちろんこの事は誰にも言いません」と言ってきた、とさも自分がやったみたいに自慢げに言われました。
同じ気持ちだったのですがそこは自分で言いたかったな、と家族に愚痴ってました。

ちなみに私と一緒に行方不明の患者さんを探した看護師さんは、派遣看護師だったそうです。今は看護師さんでも派遣で働く時代なんですね。※看護師 派遣 札幌