結婚3年目で子供が欲しくて、それまでは避妊していたので最初はタイミングを合わせて半年ほどがんばっていました。
半年くらいして、ちょうど通っていた近所の婦人科で子宮内膜症の疑いがあり、右の卵巣が腫れていてそのせいで卵管が詰まってしまいうまく受精出来ないのかもと言われました。

そこの先生は6年間、不妊治療の病院に勤めていたそうで35歳を超えると妊娠しずらくなるから、早めに手術をして卵管の通りを良くした方が良いと言われました。でも、個人的に手術も怖かったし、普通に妊娠出来ないというのがショックで、なかなか決断出来ずにいました。なので、ひとまずMRIで卵管の周りに癒着がないか調べにいったところ、右の卵巣の周りが癒着してるとの事でやっぱりまた、手術を勧められました。そこの先生は熱心な人で、手術しないと出来ないからとまで言われ、ちょっとショックでした。

そんなこんなで、内膜症が進行しないうちにやった方が良いのかなと私も覚悟を決め、看護師をしている姉の紹介もあり、仙台市で腹腔鏡手術の腕の良い先生がいる病院を紹介してもらいました。そこの先生もとてもサバサバしていましたが、妊活については色んなやり方があるから、私達夫婦がどうしたいのか?というのをちゃんと聞いてくれて、実は本音は出来るだけ自然に産みたいというのも伝えることができました。

その先生は、ちゃんとこちらの意思も汲み取ってくれて、ひとまず卵管の詰まりを診る検査や旦那の精子の異常がないかなど診て、それで大丈夫だったらまだ若いので、またタイミング療法で半年くらいチャレンジしてみてそれでもダメだったら手術するのは、どうか?と提案してくれました。私としてはとてもありがたい提案で、やるだけやってダメなら手術しようと覚悟が決まったのでそれまで妊活や病院に行ったり検査をするのが憂鬱で、旦那とも少し噛み合わなかったりした時もあったので、一気に気分が明るくなって妊活を楽しめるようになりました。

そのおかげもあってから、1ヶ月後無事妊娠する事が出来ました!たまたまかもしれませんが、どんな気持ちで取り組むかも大事なんだなと思ったのと、先生によって言う事は色々ですが、それだけ妊活というのは、まだまだブラックボックスな所が多いので、ゴールが見えなくてへこむ事もありましたが、とっても勉強になりました。

今まで病気とかにはなった事がなかったですが、もし何か病気になってもこんな感じでやっていけば良いのかと今回の経験で学びました。こちらの意思をくみ取ってくれた病院ですが、看護師をしている姉曰く看護師の間でも評判がいいようです。そんな姉は、看護師求人|仙台市で好条件の職場の探し方【※私の転職体験談】というサイトで転職に成功したんですが、やっぱり口コミや評判って大事ですね。